船橋駅前の形成外科 美容外科 美容皮膚科なら船橋形成外科へ|しみ・しわ取り

「皮膚科」と「形成外科」と「美容皮膚科」と「美容外科」

今やテレビや雑誌、ネットなどのあらゆるメディアで取り上げられている「美容皮膚科」。肌トラブルの治療を行う医療機関という認識はあるものの、一般の皮膚科と混同してしまう患者様もいらっしゃいます。

そこで、美容皮膚科と一般的な皮膚科の違いについてご説明いたします。

治療目的の違い

一般的な皮膚科はアトピーや湿疹などの皮膚疾患に対して投薬治療をメインに行い、ほくろや粉瘤などの腫瘍切除やけが、やけどに対しての手術をメインに行うのが形成外科でいずれも健康保険の適用範囲内で治療を行います。

それに対して美容皮膚科は、病気というほどではないお肌のトラブル、例えば加齢によるシワや日焼けによるシミに対して主にメスを使わない治療を行います。また、若くより美しくという目的のために、メスを使って手術治療を行うのが美容外科で、いずれも健康保険の範囲を超えての治療が可能で自費診療となります。但し、患者さんが美容的な悩みだから自費診療になると思っていることでも、醜状がひどい場合や機能障害がある場合、または癌の疑いがある場合などには、健康保険の適用が認められますので医師にご相談ください。

施術内容の違い

治療目的が異なるため、同じ皮膚疾患の治療でも施術内容は異なります。皮膚科では、医師の診断により処方された塗り薬や内服薬をメインに治療していきます。保険適用内の施術となるため、機器や処方薬、施術範囲に制限があります。

美容皮膚科の場合には、美肌をつくるためにあらゆる設備を整えています。美容業界で注目されている最新医療機器や薬剤なども使用できるので、美意識の高い方々の幅広いニーズに応えられます。メスを使わずに満足度の高い治療が受けられるのは美容皮膚科の大きなメリットと言えます。

千葉県船橋市近郊で美容皮膚科をお探しでしたら、当院をご利用ください。
船橋駅から徒歩圏内にある当院では、しみほくろにきび・にきび痕・しわ・たるみなどのあらゆる肌のお悩みに対処いたします。また、形成外科や美容外科の診療も受けておりますので、巻き・薄毛・やけど・眼瞼下垂などの症状も優れた医療機器によって治療いたします。

ページのトップへ