船橋駅前の形成外科 美容外科 美容皮膚科なら船橋形成外科へ|しみ・しわ取り

しわの種類で異なる治療法

肌の衰えが目立ち始めてくると、やはり気になるのが「しわ」です。しわが目立っていると一気に老けた印象を与えてしまうので、美容外科のしわとり治療に注目が集まっています。しわの種類によって治療法は異なりますので、こちらでご紹介します。

小じわ/ちりめんじわ

目の下・目尻・口の周りなどにできやすい浅く細かいしわです。加齢に伴い肌の保湿成分や油分が減少して皮膚が薄くなり弾力が失われることが原因で現れます。

保湿成分や油分とともにコラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸、抗酸化物質等を補給しながらレーザー治療、フォトフェイシャル(光治療)、スマスアップ、ケミカルピーリングなどの美容皮膚科的治療を組み合わせることによって改善していきます。更に強い効果を希望される場合にはヒアルロン酸注射やフェイスリフト手術を行います。

表情じわ/たるみじわ

笑ったり、眉をひそめたりといった表情筋の動きに伴ってできるのが表情じわです。額、眉間、目尻、口周りなどの表情を作るときによく動かす部位に現れやすい傾向があります。

表情じわは表情筋の収縮によって現れるので誰にでも見られますが、若いうちは肌の保湿力が高く弾力も保持されているので表情じわができにくく、またできてもすぐに元に戻ることができますが、加齢によってコラーゲンやエラスチンなどが減少してしまうとくっきりとしたしわができやすく、また表情によらずいつも残るようになってしまいます。

小じわ/ちりめんじわと比べると深く、大きなしわですから表面的な治療をする美容機器では効果が少ないので、治療としてはやはりお肌の水分や油分、コラーゲン等の補給を続けながらボトックス注射やヒアルロン注射、スマスアップなどの治療により、しわを目立たなくしていきます。更に強い効果を希望される場合には、皮下に特殊な糸を埋め込んで皮膚を吊り上げるシルエットリフト手術、溶ける糸を多数埋め込むことで皮膚の張りを取り戻すウルトラVリフトや、余った皮膚を切除して吊り上げるフェイスリフト手術を行います。

しわ治療の新戦略「スマスアップ」

「スマスアップ」は今までにない新しい美容機器です。高周波による熱エネルギーによって皮膚細胞を活性化し皮膚の張りを取り戻します。同時に電気刺激を与えることで、たるんだ筋肉を引き締め顔のリフトアップを促進します。

このスマスアップには、顔以外の腹部や二の腕、大腿用の大きめのプローブが付属しており、これを使うと高周波と電気刺激がより深くの脂肪組織に作用して、ボディ全体の引き締めやヒップアップなどにも効果があります。何と言っても他の美容機器に比べて圧倒的に痛みが少ないことが特徴で麻酔は必要ありません。

千葉県近郊で老け顔の原因となっているしわとりの治療をお望みの方は、当院へご連絡ください。

当院では、一人ひとりの要望をヒアリングした上で、しわの種類に適した治療法をご提案いたします。しわとり治療以外にも、しみ・そばかすの光治療やケミカルピーリング、美白剤クリームなどを使用した治療なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ