船橋駅前の形成外科 美容外科 美容皮膚科なら船橋形成外科へ|しみ・しわ取り

眼瞼下垂の3つのタイプ

瞳孔に覆いかぶさるようにまぶたが垂れ下がっている状態を「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と言います。眼瞼下垂には先天性・後天性・偽性眼瞼下垂の3つのタイプがあり、それぞれ原因や症状、治療方法は異なります。

眼瞼下垂の種類と症状

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂の多くは、瞼を挙げるための筋肉である眼瞼挙筋の形成不全が原因です。生まれつき片方だけの瞼が開きづらいことが多いです。他の原因として動眼神経麻痺、瞼裂縮小症などがあり放置すると視力低下や両眼視機能障害を招く恐れがあるため幼少期に手術するケースも多々あります。

後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂の原因は様々で加齢によるもの、外傷によるもの、神経や筋肉の病気によるものなどがありますが、最も多いのは老人性下垂で加齢によって伸びてしまった皮膚が垂れ下がることで視野が狭くなってしまいます。

次に多いのは腱膜性下垂と呼ばれるもので長期間に渡ってかゆい目を擦るアトピーの方や長期間コンタクトレンズを使用している方がその出し入れの際に瞼をいじることで眼瞼挙筋の下端である眼瞼挙筋腱膜がずれてしまうことで起こります。挙筋腱膜自体が薄くなっていたり伸びたりすることもあります。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂になると目が小さく見え、眠たそうに見られがちです。自覚症状としては視野が狭くなったり瞼の重さを感じたりするため、目を大きく開こうとして眉毛を挙上するようになります。この動きは眉毛挙上と呼ばれていて、おでこから頭頂部を通って後頭部までつながっている前頭後頭筋を収縮することで行っています。眼瞼下垂が酷くなると、常にこの動作を行っているためにおでこのしわが増えるのはもちろんですが、前頭後頭筋が疲労して頭痛となって現れます。

眼瞼下垂が更に進行すると上方の視野が遮られてしまうため顔を上に向け顎を挙げるようになります。これにより首、肩の筋肉を使うため首痛、肩こりの症状として現れます。近年の研究から三叉神経をはじめとして体の他の部位の症状とも関連があることも判ってきており、噛みしめる、歯ぎしりする、便秘、うつなどの症状が出現することもあります。

眼瞼下垂の治療

老人性下垂の治療は伸びて垂れ下がった皮膚を余った分だけ切除します。患者さんの状態により眉毛の直下で皮膚を切除したり二重のライン上で皮膚を切除したりします。

腱膜性下垂の場合には、ずれてしまった挙筋腱膜を元の位置に戻すことでほとんどの人は改善しますが、挙筋腱膜自体に異常(挙筋腱膜が薄くなったり伸びてしまった)がある場合には挙筋腱膜を短縮する必要があります。程度の差はあるものの、通常は両側ともに眼瞼下垂になっていますから症状の強い片側だけを手術すると症状が軽かった側の眼瞼下垂が悪化します(へリングの法則)。したがって左右同時に手術を行い交互に一針ごとに修正具合を見ながらの微妙な調整を要する手術なので2時間以上かかることもあります。

この手術によって頭痛、肩こりなどの症状が改善する方が大勢います。

眼瞼下垂や二重まぶたへの治療をご検討されている方は、一度当院へ足をお運びください。
千葉県の船橋駅近郊にある当院では、社会保険船橋中央病院や大学病院で眼瞼下垂の治療に携ってきた経験と知識、技術によって患者様の状態や症状に適した治療を行います。

ページのトップへ