船橋駅前の形成外科 美容外科 美容皮膚科なら船橋形成外科へ|しみ・しわ取り

セルフ脱毛で起こるトラブル

ムダ毛を自分で処理をしていると、お肌の状態や処理方法によっては肌トラブルに繋がる場合があります。こちらでは、セルフ脱毛時に起こりうるトラブルをご紹介します。

脱毛グッズには色々な問題点が

自宅で気軽に使える脱毛グッズは、使い方によっては様々な危険性があります。

カミソリ

カミソリで毛を剃ると、肌の表面が傷ついて肌がかゆくなったりヒリヒリしたり、カミソリ負けを引き起こします。

除毛クリーム

アルカリ性の薬剤はタンパク質である毛を溶かすばかりか、同じくタンパク質でできた皮膚にもダメージを与えます。

家庭用脱毛器

家庭用だからといって100%安心とは限りません。適度な出力で使わないと、光で目を痛めて失明する可能性もありますので、他の脱毛グッズ以上に注意が必要です。

自己処理が引き起こす肌トラブル

間違った方法で処理を続けていると、治療が難しい肌トラブルになるおそれがあります。例えば、カミソリで処理を続けた結果起こるのが、色素が沈着して全体が黒ずむ摩擦黒皮症です。一度色素が沈着すると、簡単に消すことは難しくなります。

また、毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚炎にも注意が必要です。毛を抜いた後の毛穴から細菌が入り込むと、赤くなって炎症が起こり、化膿して膿疱ができる場合もあります。自己処理によって生じた埋没毛を無理に出そうとすると、毛穴が傷ついて毛嚢炎の原因となる場合もあります。

プロの手を借りて脱毛するときは、サロンでの光脱毛とクリニックでの脱毛、この2つの選択肢があります。両者の大きな違いは、照射する機器の出力が異なる点です。出力の弱い家庭用機器やサロンでの脱毛機器ではなかなか効果があがりません。当院では出力の高い脱毛専用ダイオードーレーザー及び光治療器を完備しています。また医療機関での脱毛は医療従事者が取り扱うため、処置が適切でやけどなどのトラブルが少なくてアフターケアもしっかりと行います。

千葉でレーザー脱毛をお考えの方は、千葉県船橋市にある当院にお任せください。当院では脱毛専用ダイオードレーザー機器を使用し、丁寧に脱毛を行っております。また、しみしわほくろに有効なレーザー治療も行っております。肌にやさしいレーザー治療を得意としておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ