船橋駅前の形成外科 美容外科 美容皮膚科なら船橋形成外科へ|しみ・しわ取り

しみ・あざ・いぼの治療

しみ・あざ・いぼ

一口にしみと言っても、実は様々なものがあり、しみ・あざ・いぼ・おでき・ホクロなどが入り混じっているのが現状です。その一部は皮膚癌のこともあるので、注意して診察したうえで皮膚癌が疑われる場合には組織検査で調べる必要があります。皮膚癌の疑いがあるしみなのかどうかその多くは、皮膚科や形成外科の医師が診察するとわかります。しかし、中には判断が難しいものもあるので、その場合は安易な治療はせず組織検査を行います。

皮膚癌の疑いのないしみ・あざ・いぼについては、放置しても差し支えありません。但し、ウィルス性のいぼについては、どんどん増えてしまうことが多く、他の人にうつることもあるので、液体窒素やドライアイスでの冷凍凝固治療やヨクイニン内服での治療が必要です。

その他のしみ・あざ・いぼについては、主に見た目が気になる場合に治療対象となります。テレビや雑誌、インターネットの広告を見ると、レーザー治療をすれば、しみでもあざでもいぼでも、あっという間に簡単に跡形もなく治せるものと思ってしまいますが、実はそう簡単にはいきません。

しみ・あざ・いぼはその種類、深さ、厚みによって治療方法が異なります。昔は、金属メスで切り取る、削る、あるいは電気メスで焼く、冷凍凝固法で凍らせるなどの治療を行っていましたが、治療する深さの調節が細かくできないため、きれいに取れても傷あとが残ってしまうこともありました。

その後、コンピューター制御された炭酸ガスレーザーで皮膚表面を薄く焼灼することが可能となり、皮膚の表層にある病変についてはかなりきれい取ることが出来るようになりました。しかし、深いタイプのしみ・あざ・いぼに無理な治療を行うと傷あとになる場合や、炎症後色素沈着(強い光に反応してメラサイトがメラニンを生成して黒くなってしまう現象)を起こす人がいて、中でも、肝斑に対して強いレーザー治療を行うと炎症後色素沈着が頻発したことから、一時期肝斑に対するレーザー治療は行われませんでした。

しかし近年になり、レーザー機器の著しい進歩により、また、しみ・あざ・いぼに対しての治療意識の変化(無理に一度にすべてをなくそうとせず時間、回数をかけて少しずつ薄くしていく方がリバウンドや副作用を少なくできる)もあって、新しいタイプのレーザーやIPLでの治療が効果を上げています。

当院は千葉県船橋市にある形成外科クリニックです。開院以来、形成外科を中心に美容外科や美容皮膚科の領域まで幅広く対応し、サービスをご提供して参りました。しわとり治療をはじめ、しみ・あざ・いぼの種類、深さ、厚みを適切に判断し、ビタミン剤の内服、外用、ハイドロキノンやレチノイン酸の外用治療に加えてレーザーやIPL、冷凍凝固などの治療を行っています。

ページのトップへ