船橋駅前の形成外科 美容外科 美容皮膚科なら船橋形成外科へ|しみ・しわ取り

形成外科・外科

cont1

形成外科

形成外科

いぼ ほくろ しこり 眼瞼下垂 傷あと ケロイド わきが などの治療を行ないます。

外科

けが やけど 化膿 つめ などの治療を行ないます。

cont2

形成外科の役割とは

形成外科では、様々な手術方法を用いて組織(患部)の除去や傷跡の修復、再建を行います。
身体的な機能回復を図り、外見上の問題を解消することで、患者様の精神的な負担を和らげ、生活の質向上をサポートするのが形成外科の役割になります。

※形成外科における保険治療
眼瞼下垂、皮膚・軟部組織腫瘍、顔面・手足の外傷、先天性の表面異常・あざ、傷あと、ケロイド、陥入爪・巻き爪など、これらの疾患の治療の多くは健康保険が適用されます。

ある種のレーザー治療や巻き爪のワイヤー治療は健康保険適用外です。

眼瞼下垂

高齢化社会になり、加齢によるまぶたのたるみ(眼瞼下垂)で視野が狭くなる方が増えている一方、最近はコンタクトレンズの長期装用や花粉症・アトピーによる痒みの為、擦り過ぎで眼瞼下垂になる方も増加しています。
また眼瞼下垂を長期間放置すると視野が狭くなるばかりでなく、頭痛・肩こり・自律神経失調症などの症状も引き起こすことがわかってきています。
治療は腱膜性などの原因を診断し、その原因に応じた外科的治療を行えば改善されます。
しかし、その診断と手術には、豊富な治療経験と高度な技術が必要とされます。大学病院や社会保険船橋中央病院で長年、眼瞼下垂の治療に携わってきた当院長はこの治療のエキスパートです。

傷あとやケロイド、あざなど

外傷などで損傷を受けた皮膚は瘢痕に置換されます。また人により瘢痕は肥厚性やケロイドに変化します。
形成外科では瘢痕を目立ちにくくしたり、ケロイドを寛解する治療を行います。
生まれつきのあざも最新の皮膚レーザーを用いて、その多くは皮膚に傷をつけずに治療することが可能になってきました。

巻き爪

陥入爪の原因はさまざまで爪の曲がりや、くい込みの程度もさまざまですが、当院ではワイヤーにより、巻き爪を切らずに美しく治しております。
ワイヤーによる巻き爪治療は手術を行わず、施術後、痛みも激減し、且つ当日の入浴も可能であるため、多くの患者様に喜んで頂いております。
爪の弯曲が強度な方や、ワイヤー法の対象にならない方に対しては各種手術治療も行なっております。
巻き爪で痛くて歩けないなどのお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ